骨粗鬆症のお薬をお飲みの方へのご注意

骨粗鬆症の治療として、ビスフォスフォネート系薬剤および類似薬剤の投与を受けておられる方へ、顎骨壊死・顎骨骨髄炎に関するご注意のお願い

骨粗鬆症などの治療薬として、ビスフォスフォネート系薬剤といわれる飲み薬や、類似の注射薬を使用する場合があります。

稀にですがこれらのお薬を使っておられる方の内、外科的な歯科治療のあと、あごの骨に炎症が生じて更に壊死する顎骨壊死がみられることがあります。

骨粗鬆症の投薬治療を受けておられる方は、歯科にかかられる場合に、現在は投薬されていなくても、必ず担当歯科医師に骨粗鬆症の投薬治療のことをお申し出下さい。(薬の種類が分からない場合も、念のためお申し出ください)

○該当する“飲み薬”の名前 ○該当する“注射薬”の名前
  • フォッサマック錠
  • ボナロン錠
  • アクトネル錠
  • ベネット錠
  • リカルボン錠
  • ボノテオ錠
  • リセドロン酸Na錠など(後発薬剤)
  • アレンドロン酸錠など(後発薬剤)
  • ランマーク
  • プラリア

もっと知りたい方のQ&Aはこちら

町の歯医者さんをお探しの方

守口市の保健事業に
貢献しています。
 

8020運動

あおば歯科診療所

保健センターへのアクセス地図

骨粗鬆症のお薬をお飲みの方へのご注意