成人歯科健診

守口市では平成9年に市民保健センターが開設したのと同時に成人歯科健診を実施しています。 対象者は15歳以上の市民の方全員になっています。 成人歯科健診は他市町村が各医療機関で個別に健診するのと違い、 定点すなわち保健センターで健診し、バラツキの少ない健診を大きな特徴としています。

<現在歯・喪失歯の状況>

  • 歯石・歯肉の状況
    歯周病検査(CPITN・唾液中の潜血の検査)
  • 口腔清掃状態
  • その他(楔状欠損等)
  • 義歯関連
  • パノラマレントゲン
成人歯科健診の様子

1. 歯牙の状況

治療が必要な虫歯の有無や、歯が抜けたままになっている場合、部分義歯の処置が必要かどうかを診察しています。

2. 歯石・歯肉の状況

歯周病の原因となる歯石の沈着の有無と、歯肉の健康状態(出血、腫れの有無、歯周病の有無と進行の程度)を、 診察と検査(CPITN、唾液中の潜血の検査)で調べます。

CPITN(歯周病進行度測定検査)

プローブという先が小球になっている針を6ケ所の歯と歯肉の隙間に挿入し、 出血・歯石・歯周ポケットの有無を調べます。

【判定基準】(6ケ所測定のうちの最大値を表示している。)
健全 異常なし
出血あり 要指導
歯肉の縁、又は歯肉下に歯石あり 要医療
浅い歯周ポケット(中等度歯周病の所見)
深い歯周ポケット(重度歯周病の所見)
唾液中の潜血の検査(ぺリオスクリーン)
【判定基準】
出血なし、健全 異常なし
歯肉より出血あり 要指導

3. 口腔清掃状態

口腔内の清掃状態をチェックする。特に歯垢の付着状況をみています。

4. その他

楔状欠損・咬合異常・顎関節疾患・粘膜疾患等を発見する。 平成16年より舌苔の項目を新設し、東洋医学的な関知から全身状態を診る事を試みています。

5. 義歯関連

義歯の清掃状況、適合状況、新調もしくは修理が必要かどうか判定します。

6. パノラマレントゲン検査

他市町村ではほとんど施行されてない検査です。 歯周病の進行度のほか、顎骨内の腫瘍の発見・親知らずの有無などに役立っています。 撮影したレントゲン写真は健診時に3人の歯科医師で注意深く判定しています。現在では 15歳・20歳・25歳〜70歳と 5歳きざみで撮影・判定しています。

レントゲン撮影の様子

【 総合判定 】 受診者全員に送付する。

「異常なし」・「要指導」・「要医療」で判定する。 さらに受診者によくわかるように現在歯の本数と「あなたのお口の健康状況」コメントを以下のように付記しています。

町の歯医者さんをお探しの方

守口市の保健事業に
貢献しています。
 

8020運動

あおば歯科診療所

保健センターへのアクセス地図

骨粗鬆症のお薬をお飲みの方へのご注意